ものがたり

あなたの「日光の別邸」でありたい

ー 世界遺産の街「日光」ー
日光駅から車で5分。
別邸向日葵は、特別史跡・特別天然記念物 「日光杉並木」沿いにある、全11室の小さな宿です。

「お客さまに『自分の別邸』でくつろぐよう過ごしていただきたい」
…そんな願いを込めて生まれました。

お客さまの笑顔を栄養に、向日葵は今日も元気に咲き続けています。

創業のきっかけは1組のカップル?

別邸向日葵オーナーの加藤は、生まれも育ちも日光です。
学生の頃から旅が好きで、旅行してばかり。

旅先で出逢った人たちと会話の話題が日光になると、その印象があまり良くないことが気になりました。

 「日光へは行ったことがある。でも…」

 加藤は当時、日光のことがあまり好きではありませんでした。
それでもなぜか、故郷の文句を言われるのはいやだったのです。
そのころからなんとなく、宿泊業やサービス業を意識するようになりました。

東京での学生生活をおえた加藤は、日光にある実家へ戻ることに。
父が定年退職後にはじめたペンション経営を手伝うようになります。

転機はある日とつぜん訪れます。

きっかけは、1組の若いカップルでした。
部屋を案内した際、お客さまが「デザインのイメージが違う」と泣きながら予約をキャンセルして帰ってしまったのです。
デザインが好きだった加藤は、40年近くたった今でも忘れないほど、強烈に悔しい思いをしました。

 「デザインや設備に関しては、二度と文句をいわれたくない」

父に「経営をやらせてほしい」と訴え、宿泊業を引き継ぐことになります。
加藤が22歳のときでした。

翌年、いまの「クラシック館」のもとになる建物ができ、新しい宿としてのチャレンジがはじまります。

宿のデザインや設備には思い入れがあります

別邸向日葵には個性的な4種類の部屋があります。
きっとほかのどこの宿へ行っても、出逢えない部屋ばかり。
おかげさまで好評で、テレビなどのメディアに取り上げられることも。

たとえば「わぁ」と歓声をよく聞くのは、お客さまが宿入口の正門をあけた瞬間です。
目の前に広がるのは、緑いっぱいの芝生と、正面と左右にある3種類の建物。
別邸向日葵での、特別な時間のはじまりです。

それぞれの建物の配置には、実はある秘密があります。
ヒントになったのは、なんとお寺。

お寺には、仏塔(ぶっとう)・金堂(こんどう)・講堂(こうどう)・中門(ちゅうもん)などがあります。
旅先でよく寺巡りをしていた加藤はふと考えました。

「寺のように、個性の違うものを組み合わせてこそ、調和が生まれるかもしれない」

建物の配置のイメージが生まれた瞬間です。

クラシック館(当時は別の名前)」に続き、「メゾネット館」「フラット館」が順にオープン。
2014年に入口に正門ができたことで、やっと“お寺”のかたちが整いました。

ターニングポイントはいつもお客さまの声

「せっかく遠くからきたのにひどいよね」

創業したばかりのころはとくに、激務の連続。
常連のお客さまの接待が深夜まで続いたとき、途中で寝落ちてしまったことも。
遠くから休みをとってきてくださった方に残念な思いをさせてしまいました。

それからは1人だけに依存しない営業スタイルに変えました。
誰が接客をしても、別邸向日葵。
いまでは加藤が草むしりをしていることも多いくらいです。

「テニスコートの利用にお金をとるの?」

その後、テニスコート自体をやめました。
テニスコートに頼らない宿にしようと決めたのです。

「騒音で夜眠れない」

当時は建物のつくりも古く、また深夜に宿の近くを通るトラックも多かったため、夜の騒音がひどかったことがあります(いまは違います)。
その後、鉄筋コンクリートを使った「メゾネット館」が誕生しました。

「部屋が広くて移動がたいへんだ」

メゾネット館」を利用された70代のご夫婦。
足が悪かったようで不自由な思いをさせてしまいました。
その後、よりコンパクトな一戸建て「フラット館」が誕生しました。

「いなかにきてコンクリートの建物?」

都会からいらっしゃる方には木造の日本家屋を求める方もいます。
2017年、古民家一棟貸切の「紫陽花」がオープンしました。

お客さまのさりげない声に、どれだけ気がつけるか?
別邸向日葵のおもてなしの原点です。

お客さまとともに、これからも別邸向日葵は変わり続けます

加藤の父がはじめたペンションの創業からは、40年が経とうとしています。
でも別邸向日葵はまだまだ完成しません。
お客さまの声と時代にあわせて、これからも変わり続けます。

創業40年 別邸向日葵の歴史

1979年 「ロードペンション」創業
1984年 「ロードペンション」リニューアルオープン
※いまのクラシック館の建物ができる
1993年 「カントリーホテル ロードハウス」に改名
2003年
別邸向日葵「メゾネット館」オープン
2004年 別邸向日葵「フラット館」オープン
2005年 「クラシック館」リニューアルオープン
すべての建物を「別邸向日葵」に統一
2014年 正門ができる
2017年 「紫陽花」オープン
2019年  創業から40周年を迎える